<   2008年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Across The Universe-サウンドトラック編

b0141546_21401373.jpgAcross The Universe
デラックスエディション/International盤

映画館で映像と共に聴く迫力にはかなわないけど、サントラもとてもすてきです。
コレはデラックスエディションのInternational盤で2枚組み。(通常版は1枚のみ)
US盤もあるけど、これより2曲少ないもようです。
映画で使用された曲全てを網羅したい方はこちらをオススメします!
ビートルズが歌っているときはそんなに気に留めていなかったけど、改めてよい曲だと思ったものもあり、新しい気持ちで聴けます。
きっとしばらくこればっかり聴いてると思われる。
そして、ビートルズのアルバムでまだ持っていないやつを買い揃えよう。

ディスク 1
1. Girl ☆
2. Hold Me Tight
3. All My Loving
4. I Want To Hold your Hand
5. With A Little Help From My Friends ☆☆
6. It Won't Be Long
7. I've Just Seen A Face ☆☆
8. Let It Be ☆
9. Come Together ☆☆
10. Why Don't We Do It In The Road
11. If I Fell
12. I Want You (She's So Heavy) ☆
13. Dear Prudence ☆☆☆
14. Flying
15. Blue Jay Way

ディスク 2
1. I Am The Walrus ☆
2. Being For The Benfit Of Mr. Kite ☆☆☆
3. Because
4. Something ☆☆☆
5. Oh Darling ☆
6. Strawberry Fields Forever ☆☆
7. Revolution ☆
8. While My Guitar Gently Weeps
9. Across The Universe ☆
10. Helter Skelter
11. Happiness Is A Warm Gun
12. Blackbird ☆
13. Hey Jude ☆
14. Don't Let Me Down ☆
15. All You Need Is Love ☆☆
16. Lucy In The Sky With Diamonds ☆

☆は私のお気に入り印。
あ、そうそう、実は昨日映画1000円の日だったから、もう一度観に行ってしまいましたー
[PR]
by eel403 | 2008-08-28 21:28 | movie

昨日から思ってた疑問が解決した

昨日観た映画、「Across The Universe」の余韻に浸りっぱなしの私ですが、
あの主人公の相手役の女の子(エヴァン レイチェル ウッド)、どこかでみたことあるなあとずーっと考えていたら、思い出しました。
このビデオクリップの女の子だったんですね!
(と、またYoutubeを貼り付けてみる)
大人になったねえ。なんだかストーリーが映画とリンクしてますね。

Green Day-Wake Me Up When September Ends
この曲すごく好き。
[PR]
by eel403 | 2008-08-26 00:42 | music

Across The Universe

b0141546_23191746.jpgさっき映画を見てきました。
Across The Universe
ビートルズの曲をテーマにしたミュージカル映画です。
トレイラーを見たときから、絶対見ようと思っていました。
感想は…すっごいよかったです!
何がよいってまず歌がよい。
いろいろな登場人物がその場で歌っていく(ミュージカルだからね)のですが、原曲にちょっとアレンジを聞かせたり、アカペラであったり、すばらしいのですよ。
それから映像がよい。
曲に合わせてサイケデリックな映像や、印象的な映像が出てきて、すごく楽しめるのです。
曲の間ずっと凝ったビデオクリップを見ているような感じ。(Bonoが…)
そして、ストーリーと曲の合わせ方が本当に絶妙なのですよ。うまくできています。
もう一回映画館で見たいくらい。
もちろんサントラ買わないと。

曲の歌詞も字幕が出るので、読みながら聞いていると、ああ、そういえばこういうことを歌っているんだよなあと思わされたりします。
なんとなく歌詞の意味を分かっていても、日本語でちゃんと意味を理解しながら聴くとさらにじっくりと心に染みます。(本当は英語で理解して心に染みたいところなのだけど)
やはり日本人ですねえ。

余談ですが、この主人公(ジム スタージェス)、ルックスがユアンマクレガーとkasabianのトム(痩せて髪が短いとき限定)とTHE COURTEENERSのボーカルを足して割ったような感じで、なかなかかっこいい。←私の好きなタイプ。カールはタイプが違うけど。
人懐っこく笑うとこなんてトムっぽいなーと思ってしまった。
ちょっと好きになってしまったよ。

(Across The UniverseのTrailer Youtube貼り付けられるってすてきー)


(8/28追加:バージョン違いのTrailerも見つけた!こっちもすてきだから貼ってしまおう)
[PR]
by eel403 | 2008-08-24 23:51 | movie

youtubeが貼れるようになってるよー

なんとエキサイトのブログでもyoutubeが貼り付けられるようになったみたいよー
うれしいなあ。というわけでコレを貼っておこう!

私の一番好きなやつ。すてきなタップダンス。
こういうカールが一番好きだ。
[PR]
by eel403 | 2008-08-21 21:55 | music

Summer Sonic2008-大阪-Day2(その2)

さて、実家より戻ってきました。
サマソニ2日目の続き。(文章ばかりで長いですよ)

Subwaysの余韻に浸りつつ、もうひとがんばり屋外ステージへ。飲み物を買い込んで目指すはPark Stageです。


OLD MAN RIVER@Park Stage
アフロな歌のお兄さん、OLD MAN RIVERです。
飲み物を飲みながらまったり観たいと思ってました。意外と観客が少なくって、一番前で見れてしまったよ。柵にもたれながらゆっくり観る。
みんなで歌ったり、手拍子で参加したり、かなり楽しい。お昼の屋外が似合うヒトだなあ。
そして、想像以上のアフロでした。あの髪にさわってみたい!
そうそう、しきりに「ムシアツイ」って言ってました…。「アツイ」って言った後にまた「ムシアツイ」って言い直したり。オーストラリアから来た彼には、日本の夏はジメジメ暑くてつらいのだろうね。
アコギにステッカーが沢山貼ってあってかわいかったです。
私も真似しよかしら(弾けないくせにアコギは持っているのです)
「みんな動物の真似して叫んでー」と言って「ワオーン」「ブルルル」「コケコッコー」とか叫ばせたり。
最後に、「la」を歌ったとき、「みんなステージに上がって!」って言って、数人を上げてから、人数が多すぎたので「OK、OK もういいー」って焦ってたのが笑った。
最後にステージに上がったヒトもその他の観客もみんな大合唱で終了!文句なしに楽しかった!


またSonic Stageへ移動ー
Killsの最後の方だけちらっと見れました。けれどトイレに行ったりしているうちに終わってしまった。


DEATH CAB FOR CUTIE@Sonic Stage
一緒にいた友達はPANIC AT THE DISCOへ。私は彼らにあんまり関心がないので、Sonic Stageに残ってデスキャブを観ることに。
しかし、今日は結構いろいろ見て動き回っているので若干疲れが。この後Verveもpaul Wellerも控えているので、休憩しなければ、ということで2階席で座ってのんびり観ることに。普段聴かないバンドなのですが、メロディがきれいでよいですねー
と、聴き入っていたものの、座っているためか、疲れているためか、ウトウト…(ごめんなさい)
そうこうしているうちにVerveの時間が迫ってきたので、Sonic Stageを後に。なので感想が書ける程聴いていませんー


THE VERVE@Ocean Stage
夕方になり始め位で、暑さはずいぶんマシになってきました。海の近くなので、時折気持ちの良い風が吹きます。
そんな中verveスタート。
バンドメンバーが先に現れ、最後にリチャード登場!…写真と映像でしか見た事ないけど本物だよ!かっこいいよ!
すごく強いオーラを持った、カリスマ性のあるヒトという印象。歌も素晴らしいです。ライブで声がへたるなんていうことも全くなく、CDで聴いたあの声で歌いあげていくのです。(「歌う」というより「歌いあげていく」という印象)
ずっとサングラスをかけているリチャード、一度位は外していたように思いますが、すぐにまたかけてしまいます。
というのもこのOcean Stage、西向きに設置されているので、アーティスト側はもろに西日が眩しいのですよ。(去年も夕方にステージに立ったバンドはみんなサングラスをしていた)
で、眩しいのですが、空が広がっていて、ステージからは夕焼けがすごくキレイに見えるのです。
それに気が付いたリチャードは夕焼けを指差して、「空がきれいだね」って。それで私も後ろを向いて夕焼けを見て、きれいだなあって。なんとも絵になる光景でした。
(この時ばかりは私も、舞洲会場って悪くないんじゃないか?とふと思ったりした)

と、素晴らしいライブだったのですが…
最後の「Bitter sweet Symphony」を歌う前に、いきなりリチャードが持っていたアコギを床に叩きつけてぶっ壊し始めたのですよ。
一瞬凍りつきかけた観客、すぐにわあっと歓声があがってえらく盛り上がっていましたが…なんで?怒ったのか?演出か?
壊した後にギターのボディをウチワのようにして観客をあおいで笑いを誘っていましたが。
私はちょっと、うーん…な感じでした。だってアコースティックギターですよ?The vinesがステージを去り際にギターやドラムを叩き壊していくのとはちょっと種類が違う…
その後に「Bitter sweet Symphony」で、会場はものすごい盛り上がりになって終了したのだけれど。
なんだか最後にちょっと引っかかってしまって、気持ちがひいてしまいました。
私の考えすぎなのでしょうか?(だれか大阪で同じ状況で見たヒトいないでしょうか?感想が聞きたいです)
その最後のハプニングがなければ、この日のベストアクトといってもいい位の素晴らしさだったのに!


Paul Weller@Sonic Stage
さっきのVerveでちょっともやもやしたものの、サマソニ最後のシメはPaul Wellerです!
大好きなSonic Stageへ行くとTHE FRATELLISがちょうど終わるところ。
その観客と入れ替わって前方へ。(フラテリスを観て、続けてPaul Wellerを観るヒトは余りいない模様…かなりヒトが減ってしまった)
実は私もPaul Wellerはそんなに聴かないのですが、やはり観たい!

いやー、Paul Wellerは本当にかっこよくて、ダンディでした。
ああいう歳のとり方っていいなあ。
アンコールはなかったけど、最後の曲の前に、ステージ脇のスタッフ?に口笛で合図をして、「もう1曲やるよ」というように指で合図をしていました。(多分そういう合図だと思ったんだけど?)
そのしぐさもまたかっこよくって。ステージで煙草をふかすしぐさもかっこよくって。
…ミーハーな感想ばっかりですね。
音楽ももちろん、ちゃんと聴いてましたよ。
改めて曲をさかのぼって聴き直そうと思ってます。

と、これで私の2008年サマソニは終了でした。
つたないレポ、長々と読んでくださった方、ありがとうございました!

ちなみに2日目帰りもシティバスに乗り、神戸に着いたのが23時頃。テンションの上がった私と友達はその後飲みに行き(汗臭いし砂ぼこりまみれなのに)、家に着いたのが3:00すぎというはしゃぎっぷりなのでした。
(次の日は有休をとっていましたのでー)
[PR]
by eel403 | 2008-08-17 17:40 | summersonic

Summer Sonic2008-大阪-Day2(その1)

さて2日目。
本日もシティバスにて直接会場入りで楽々ー

また9:00前に着いたのでとりあえずオアシスで飲み食い。佐世保バーガーがかなりのビッグサイズでおいしかったです。

b0141546_157582.jpgb0141546_1572328.jpg








昨日で暑さにかなり懲りたので、今日はできるだけ室内ステージにいようと心に決める。
なので、本当は2日目初めに見る予定だったLOS CAMPESINOS!はスッパリあきらめました。

サカナクションfourteendays@Sonic Stage
なにはともあれSonic Stageへ移動してのんびりしていると始まったオープニングアクト。
MCで、「博多から来ました」って言ってたような気がしたんだけど、今サマソニのアーティスト紹介ページを見たら札幌を中心にライブ活動を・・・って書いてある。
あれ?どっち?
音楽は、うーん、日本人の歌う英語ロックですね。デスキャブ見るからいたら声かけてねって言ってました。
*追記2008/8/17:さっき気がつきましたが、私が観たのはサカナクションではなかったです!大阪のオープニングアクトはfourteendaysというバンドでした…
バンド名をよく聞いていなかったので勘違い。そうそう、博多から来たバンドはこのヒトたちだわー

THESE NEW PURITANS@Sonic Stage
「カフカ・ミーツ・JOY DIVISION・ミーツ・16世紀オカルト・ミーツ・デトロイトHIPHOP・ミーツ・DR. FEELGOOD」ですって。(サマソニのアーティスト紹介文より)
さっぱりわからん表現ですが、こういう音楽っていわゆるポストロックというジャンルなのかな?
ボーカルは、変な鎧みたいな(魚のウロコみたいな)シャツを着ていました。
なんだか中毒性のある音楽。「Numbers」っていう曲が頭から離れてくれない・・・
Dior Hommeのサントラを手がけたんですって。うん、ちょっと気に入った。サマソニで観た新人バンドたちの中で一番気に入ったかも。

BLOOD RED SHOES@Sonic Stage
女の子がギターで、男の子がドラムスという、ストライプスと逆パターンの彼ら。
ドラムスの男の子がちょっと中性的でかわいかったです。ボーダーのシャツとか着て。女の子しか歌っていないのかと思ってたんですが、男の子もドラムを叩きながら歌っているんですね。すごいな。声も中性的なので分からなかったよ。
CDではもっともっとガレージっぽいと思ってたんですが、結構ポップな感じもしました。
しかしベースがいなくてもなりたつんですねー


できればずっとSonic Stageに居たかったものの、さすがにSubwaysは見逃すわけに行かないので外へ移動。
オアシスでご飯を食べ、スミノフのジンジャー味を2杯続けて飲み、Subwaysに控える。


Subways@Ocean Stage
オアシスでのんびりしすぎてSubwaysが始まってしまった!けどまあ、最初のちょっと位逃してもいいか…と思っていたら2曲目でまさかの「Oh Yeah!」これは逃せないので走る走る!
ヒトをすり抜けてかなり前の方に行けました。
ビリーもシャーロットも、ステージ狭しと走り回って観客をあおるあおる!そして力強く響くジョッシュのドラム。
黒いノースリーブのミニワンピ?に赤い靴のシャーロットめちゃめちゃかっこいいんですけど!
前は、かっこいいけどかわいい感じがあって、幼いイメージも(私の中では)あったのですが、もうそんなの全く感じません。髪を振り乱して演奏する姿、ほんとかっこよかった。
疾走感あふれるステージ、しばし暑さを忘れました。
糸が切れたように全ての曲が終わって、メンバーがステージを去ってしまった後に流れた「Raindrops Keep Fallin' On My Head」
全てがかっこよすぎた。


・・・と、続きをこのまま書きたいのだけど、ちょっとこれから実家に帰らないと!(お盆ですので)
中途半端ですが、続きは後日にー
[PR]
by eel403 | 2008-08-15 16:08 | summersonic

サマソニレポを書こうと思っていたんだけど。

忘れてしまう前にサマソニレポを書こうと思っているのですが、昨日、現像を依頼していたフジ&サマソニの写真が宅急便で届きまして、その整理に追われていました。
今年は写真を沢山撮りまくったので枚数もかなりの数・・・自分でもびっくりするくらいです。
なんじゃこりゃ?という写真も多数なくせに、プリントしなきゃいいのに全部してしまったので。
自分でも予想外ですが、サマソニでも写真をたくさん撮ったのです。


b0141546_0352292.jpg←証拠写真。
1冊に40枚収まるアルバム×17冊・・・
それをせっせとアルバムに収めていました。
ちょっと疲れたわ。
なにせフジロックも2年目という初心者なので、見るものすべてが珍しく、写真ばっかり撮っていたのです。
サマソニも、時間が沢山あったのでいろんなものを撮りました。
明日はお盆休みということで会社が休みなので、明日はサマソニレポ続きを書こうと思ってます。


ところで巷はオリンピック一色ですが、そんな中NIKEのCMを見てびっくりした!
大好きなKillersのこの曲がCMに使われていました。
改めていい曲だと実感。CMもかっこよかったです。
[PR]
by eel403 | 2008-08-15 00:51 | other

Summer Sonic2008-大阪-Day1


b0141546_20165392.jpgb0141546_2024465.jpgb0141546_20242298.jpg








いやあ、今年もほんとに暑かった・・・(最近これしか言ってないわ)
去年から場所が変わった大阪サマソニ、交通アクセスが悪いし、シャトルバスはものすごく混むことが明らかだったため、今年はシティバスというのを利用しました。
私が住んでいる神戸からの会場直通バスで、別途料金は(往復で1日3000円はちょっと高いよ!)かかるものの確実に座って並ばず会場入りできるのは魅力的だったので。
しかしこのバス、神戸発8:00(集合7:40)会場着9:00前だった・・・
早すぎるよ!サマソニはライブ観る以外やることないんだってば。ということで朝っぱらから飲んだり、タワレコブースやらうろうろして、やたらとオアシスを満喫してしまうはめになったのでした。(写真は左から→メイン会場/唯一おいしかったといってもいい佐世保バーガー/コロナの代わりに2日間で散々飲んだアルコール入りレモネード)

ということで1日目に観たステージ

THE WOMBATS@Ocean Stage
始まったのは11:00、でももうすでに暑い・・・
じりじり照り返す太陽の下、屋外ステージは暑すぎてライブに集中できないよ!
しかしwonbatsは去年のフジで見逃したので観たかったのです。
UKの若手バンドって感じで元気いっぱい。ベースのヒトが動く動く!オープニングにふさわしい楽しいステージでした。

MGMT@Sonic Stage
唯一涼しい室内ステージ。逃げるように駆け込んで、MGMTです。
大阪のSonic Stageはアリーナと2階椅子席に分かれていて、私と友達はとりあえず椅子席へ。高見の見物気分で観てました。
観客はあんまり盛り上がっていないみたいでちょっと意外。
あの甲高い声と、いろんな音が混じったミドルテンポな音楽が心地よい。改めて気に入りました。
最後の曲でやっとみんな盛り上がってましたよ(結局最後まで2階席で見てしまった。でもよかったんですよ)

THE HOOSIERS@Ocean Stage
暑さに懲りず、またもや外へ。
メンバーみんながスパイダーマンとかいろんな被り物をしていてかわいい。ガイコツTシャツを着たホーン隊もいて、すごく楽しいです。
いい意味でこんなイメージではなかったよ。かわいいなあ。

またもや暑さにやられたのでSonic Stageへ避難、BIFFY CLYROをちらちら観つつ休憩(飲み)。そしてまた屋外へ。

THE KOOKS@Ocean Stage
ルークはかわらずくりくりのままかわいくてうれしかったです。
ライブはかなり盛り上げようとしているのがわかって、好感持てました。
KOOKSは、ライブでの観客との一体感を求めるというより、自分達の音楽をじっくり聴かせるというタイプのバンドなのかなと思っていました。(数年前のサマソニではそんな感じだったので)
それが、今回は観客をあおったり、「スワッテクダサイ」って指示?したり、最後にはステージを降りて観客の中に入っていったり!ルーク熱い男だな。
KOOKSのイメージが少し変わりました。いいライブでしたよ!単独も観たいなあ。

そしてSonic Stageへ(また)避難、SPIRITUALIZEDを数曲見つつ休憩・・・よさそうだけど私は全然聴いたことがないのでDEVOへ移動。(ライブ、よかった様ですねー)

DEVO@Sky Stage
b0141546_22272984.jpgb0141546_22182980.jpgb0141546_22274669.jpg








初Sky Stageです。広くて見晴らしがよくって空が見渡せます。高台になっていて海も見えるしいい所だー
DEVOは曲なんて全く知らないのですが、楽しそうなので観てみることに。
驚くことにメンバーみんなほぼおじいちゃん…
赤いDEVO帽子に黄色いつなぎ。かわいすぎるんですけど。
コミカルに動くバンドメンバー、おもしろいです!途中でボーカルのおじいちゃんがチアリーダーみたいなポンポンを持ってきて踊る、
メンバーのつなぎをベリベリ破る、そのベリベリの服を皆脱ぎ捨てて(というよりもモソモソと着替えるといった感じで脱いで)観客に投げる、
下に着ていたのは黒いDEVO Tシャツと半パンツとハイソックス(そしてみんな膝にサポーター)
そしてDEVO帽子も観客にいくつも投げてました。
いやー、ほんと楽しかったです!

COLDPLAY@Ocean Stage
DEVOがアンコールをしていたけれど、COLDPLAYのために会場を後に。私にとってフェスで観たいバンドNo.1のCOLDPLAYをいい場所で観なければ。
昔、グラストのライブDVDで彼らを見て以来、ずっとフェスという場所で観たいと思っていたのです。
念願叶った感想は…結論から言うと、とにかく素晴らしかった!大満足です。クリスには大きな大きな愛が溢れていました。(ちょっとせっかちだけど)
もうずっと一緒に歌ってました。
特に「YELLOW」はステージのライトもYELLOWにきらきら輝いていて、ほろりとしそうに。
サプライズな演出も多く、途中でステージ右側の狭いスペースで演奏したり、移動して会場中央の小さいステージで演奏したり。
(この小さいステージの時はクワトロ最前列並みの近さで演奏が見れたよ!感激して足震えた 笑)
そして日本語で「世界にひとつだけの花」歌ってました。日本語上手でしたよ。
アンコールなしだったけど、もう十分満足!
ステージが終わると同時に上がった花火も見ずに余韻に浸りたいくらいで、しばらくぼーっとしていました。

大阪1日目、暑さにかなりやられたけれど、夕方からは過ごしやすくなって良かった。
しかし2日目は昼間には外にできるだけ出ないでおこうと誓ったのでした。
2日目に続く。
[PR]
by eel403 | 2008-08-12 22:48 | summersonic

サマソニ終了

サマソニ2日間も終わり、ぐったりしています。ああああ暑さに負けた・・・
暑すぎるとライブに集中できなくなるものなんですねえ。(年齢のせいか?)
ベストアクトは、Coldplay(ダントツ)、次点にSubwaysです。
花火と夕焼け(大阪会場で誇れるのはこの夕焼けではないか?写真撮りたかったなあ)がキレイでした。
またゆっくりレポも書きますよー
b0141546_21363520.jpgb0141546_21365053.jpg












しかしなんで今年はハイネケンじゃなかったのだ?
なんでコロナなんだー
b0141546_21433030.jpg
[PR]
by eel403 | 2008-08-11 21:47 | summersonic

あの暑い日がもうすぐやってくる。

b0141546_2354629.jpgb0141546_2313492.jpg










暑い暑い大阪の夏。
サマーソニック大阪 舞洲会場。この右の写真がメイン会場なんです。砂地そのままの空き地。1日終わるころには砂ぼこりで髪がパリパリです。
大阪は去年から会場が変わり、この舞洲という場所になったのですが、とにかく交通のアクセスが悪い!日光を遮るものがない!といろんな問題を抱えております。
今年は少しは改善されているんだろうかー
出演者のメンツはかなり充実しているから楽しみなのだけど、あの殺人的な暑さがちょっと憂鬱。
しかも暑いから室内に行こうと思っても、室内ステージ2個あるうちの1個は大きいテントみたいな室内テニスコートが使われていて、まさにサウナ状態(大げさな表現に聞こえるかもですが、本当なんです!)ご飯食べるところも外。
余りの暑さにビールばっかり飲んでいた去年(こればっかりだ)
今年は何杯飲むのだろうか?

以下のバンドは絶対観るぞ。後は体力と相談です。
Coldplay
Kooks
Subways
Wombats
MGMT
DEVO
Does it offend you yeah?
Los Campesinos!
Blood red shoes
Old man river
Death cab for cutie
Verve
Paul Weller
[PR]
by eel403 | 2008-08-07 23:44 | summersonic