<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

泥の勲章

b0141546_21292374.jpg昨日の夕方、フジロックから無事帰ってまいりました。
今年は雨が多かったー!前夜祭と1日目はほぼ雨、2日目もぽつぽつ降って、3日目も一時期どしゃぶり…。ゴアのカッパにも限界があるわ。

今回は「のんびりゆっくり無理しない」が目標だったので、観たステージは一日3組くらい。
体力的にもそれぐらいがちょうど良かったみたいです。中のヒトも時々ぽこぽこ動いておりました。
ベストアクトは誰だろう・・・weezerが予想以上に良かったのと、ベンジーがとにかくカッコよかったのと。
ゆっくり日記を書きながら振り返ろうと思ってます。

ところで左の写真は田植え途中のヒトではありません。
いたるところが田んぼ状態でした。
長靴よありがとう。
[PR]
by eel403 | 2009-07-28 21:49 | fujirock

明日出発します!

b0141546_22134814.jpgb0141546_22143413.jpgいつの間にか日々は過ぎ、フジロックに向けて明日朝に出発することとなりました!
すごく楽しみでわくわくな気持ちがいっぱいですが、バテないかなー、大丈夫かなという気持ちも無くはないのですよね。
しかし今年は折りたたみイス持参するし、ゆっくりしようと思ってます!
雨できるだけ少なめ(降ること前提)だとうれしいな。
そして中のヒトも楽しんでくれるとうれしいな。

では参加される皆さん、楽しみましょーね!
行ってきますー
[PR]
by eel403 | 2009-07-22 22:26 | music

Is this it !?

b0141546_20342168.jpg左の写真は大好きなstrokesの1stアルバム"Is This It"の有名な「おしりジャケット」ですが。
このタイトルどおり"これがそうなのか?"って今日は一日中思ってました。

なんの話か?というと、「胎動」です!
そう、お腹の赤ちゃんがぐにゃっと動いたときに感じるアレです。
なんか昨日と今日とに、今まで感じたことのない種類の「ぽにょっ」としたくすぐったい感覚がお腹にありまして。
昨日は歩きながらだったのでなおさら分かりにくかったのですが、今日は会社で座っているときにまた同じような感覚があったのです。
調べてみると、18週目~23週目から胎動を感じ始めるものなのだとか。まさに私今18週目でございます。
ひゃー、これがまさにそうなのか?すごいなあ、ちゃんと育っているのだなあ。
ちょっと感激した一日でした。

というわけで今日は"Is This It"という言葉が頭の中をぐるぐるしていたので、延々とstrokesを聴いてしまった。
ところでジュリアンはソロアルバムを出すのですね!こっちも楽しみー(なんだこの大げさな告知映像は?)

ところでもう来週末はフジロックじゃないですか!わー、なんか焦るわ。
[PR]
by eel403 | 2009-07-16 21:03 | other

最近のいろいろ

b0141546_20352264.jpg7月に入ってもうすっかり夏らしくなりましたねえ。
ワタクシも妊娠5ヶ月を迎えて、おなかがぽっこりしてきました。
最近の平日は仕事から帰ってきてご飯作って食べてちょっとくつろいだら、即効就寝という健康的な日々、
週末は新居を探すために物件を見て回ったり、忙しく過ごしておりました。
で、今日ようやく新居が決まって、とりあえずは一安心、といったところでパソコンに向かってます。
9月には引越しです。今住んでいるところがかなり気に入っている部屋なので名残惜しいですが、しょうがない。
新しい場所でも楽しく住もうと思ってます。

そんな忙しいなか、久しぶりに購入した音楽関係のものは左の写真のコチラ「Directors Label: スペシャルパック
マーク・ロマネック、ジョナサン・グレイザー、アントン・コービン、ステファン・セドゥナウィのビデオクリップや短編映像作品などを集めたこのDVD、各1枚づつで4枚セット+特典ディスク付きです。以前このシリーズのDVDでミシェル・ゴンドリのバージョンのを買ったのですが、全部揃えたいなあと思っていて。神戸のHMVでワゴンセール50%OFF!になっていたので買ってしまったー!まだ観てないけど、ほくほくです。
それからそれから、ようやくmanicsの新譜も買いました!今聴いてます。これは歌詞も見ながらじっくり聴かねば…

とりとめないですが、マイケル氏がお亡くなりになりましたね。
まだ実感がなくていまだに信じられないですが、事実なのですね。
最近はあまり彼の音楽を日常的に聴かなくなっていましたが、高校生の時から大好きなアーティストでした。
実はそのときの来日コンサートにも行ったのです。
東京ドームでのそのコンサートに行くために友達と一緒にバイトをしてお金貯めて。
友達同士で旅行に行ったのもそれが初めてだったし、コンサートに行くのすら初めてで。(なにせ住んでいたのが兵庫県の田舎だったので)
あの時はワクワクしたなあ、ホントに楽しかった。
マイケルつながりで海外の人と文通(そう!当時はメールではなく文通だったのだ)したりしてたし。
ほとんどの曲は今でも一緒に歌えてしまうくらいだし、ビデオクリップもVHSが擦り切れるほど観たし。
いろんな人が今回のことでコメントを発表していたけれど、私が一番胸に響いたのは、クインシー・ジョーンズが言っていた言葉で、
彼はマイケルのお葬式には行かないと言っていて、その理由について、「(亡くなったことが)非現実的すぎるから」と言っていたこと。
なんだかまだRIPとか言えない自分がいます。
[PR]
by eel403 | 2009-07-05 21:14 | music