Coldplay @ 神戸ワールド記念ホール2/14,15

b0141546_1111790.jpgb0141546_1113947.jpgb0141546_1115913.jpgb0141546_1122453.jpg






何とか無事2日目もチケットを手に入れることができ、Coldplay2日間行ってきましたー!
今回はカメラOKだったので、2日目は私も持っていってみました。
けど、ライブはライブに集中したいし、カメラに気をとられるなんてもったいない!と思いつつも2日目ということで余裕もあってか、ちょっとだけ撮ってみました。
それが上の写真。詳しくは以下のレポにて。

スミマセンまた長いです
[PR]
# by eel403 | 2009-02-17 01:29 | music

Coldplayの余韻が。

b0141546_053047.jpgb0141546_0533087.jpg今日、Coldplay@神戸ワールド記念ホール行ってきました!
写真は、ライブ中にひらひらと落ちてきた蝶々たち。
すごくいいライブでした!
今回のツアーは、日本では、埼玉スーパーアリーナで2日間、その後に神戸のワールド記念ホールで2日間という日程です。関西でのライブはたいてい大阪が多いのですが、今回は珍しく神戸(地元!)で、しかも2日間連続で土日の公演!
関西は1日間だけが多いのに、今回は2日間もあるしということで、やっぱり当日券を利用してでも、明日も行こうと思います。
それだけほんとによかったので。やはり私はColdplayのステージが好きなのだ。クリスマーティンが楽しそうに歌うのが好きなのだよ!
[PR]
# by eel403 | 2009-02-15 01:09 | music

ワンダーラスト

b0141546_21523312.jpgやっと昨日「ワンダーラスト」を観に行きましたー
マドンナが初監督をしたこの映画、あらすじは:ロンドンの片隅。ウクライナ移民のAKはミュージシャンの成功を、ホリーはバレイの舞台で踊る日を、ジュリエットはアフリカの貧しい子供たちを救うことを夢見ながら、理想からは程遠い現実を生きている。いつ叶うとも知れない夢を追いかける毎日。でも、希望の光は、暗闇の中でこそ見出せるはず!(シネリーブルの解説参照)

ストーリーとしては、まあ「よくある設定」で、軽く「ポップに」話が展開していきます。シリアスなテーマなのに、全然説教くさくない。ちょっとした場面にくすっと笑えるようなコミカルさがあって、そこが面白かったです。(ちょっと「バッファロー'66」を思い出した。)
主人公の女の子の一人「ホリー」がすごくかわいいのですよ!バレエの練習シーンは陶器のお人形さんのようにきれいだし、ポールダンスをするシーンがあるのですが、全然ヤラしくないっていうか、キレイ!すごく好きになりました。

b0141546_2226181.jpgそして特筆すべきはAK役のユージン ハッツ。私はこの名前を聞くのも初めてだったのですが、この人は「Gogol Bordello(ゴゴール・ボルデロ)というバンドをやっていて、なんと去年のフジロックに来てたらしいです。(2日目のホワイトステージ、Zotonsの後だった…観たかったー!)曲は、ジプシーで、パンクで、ポップ ?アコーディオンやらなにやら大人数で演奏していて、楽しそうな感じでした。
マドンナがこの映画の主人公はこの人!と惚れ込んで出演が決まった人なのだとか。ちょっとビンセントギャロみたいな風貌の、うさんくささ満載のこの人なのだけど、なんか変な魅力がある。この横の写真はそうでもないけど、写真や映画の中でのふとしたシーンが、なんとなくカール(バラー氏)に似ていると思うのだけど!(カールをものすごくうさんくさくしたような感じ→失礼だな)
実は私がこの映画に関心を持ったのも、この映画のポスターの写真が、余りにカールに似ていたため、「えっ?!カール?」と間違えてしまったから。(その写真、ほんとに似てるんですよ!)

映画の中でマドンナの曲がかかった時にはちょっと笑ってしまった。AKのファッションも個性的でかっこよかったし、登場人物も変なキャラクターがたくさん出てきて笑えました。「心にじんと響く」映画とは種類が違う(あくまでも私の感想として)けれど、メッセージは明らかで、楽しめました。"カッコイイ"映画でしたよ!
原題は「 Filth And Wisdom(堕落と知恵)」、 この原題の方がよいですね。


[PR]
# by eel403 | 2009-02-12 23:13 | movie

iTunesのビジュアライザが美しいという話

b0141546_2317427.jpgb0141546_2318844.jpgb0141546_23184654.jpg







iTuneがいつのまにかバージョン8になっていて今日更新したのですが(更新しろしろと時々パソコンがうるさいけど、めんどくさいから古いまま使っていた)、曲を流してるときに表示できるビジュアライザがすごくきれいなものにバージョンアップされていた。
さっきからいろんなジャンルの曲をかけて、どんなのが表示されるかを比べているのですが、これおもしろいー
ゆっくりめのクラシックもなかなかハマる、と思ったらロックな曲もおもしろい!
部屋を暗めにして、長時間画面を見入ってしまいそうです。
大きい画面で見たいわー
(けど、結構重いです。さっき一度パソコンが固まってしまった…→私のパソコンが古いからか?)
[PR]
# by eel403 | 2009-02-09 23:34 | other

週末のいろいろ日記

b0141546_2048874.jpgb0141546_20482748.jpgb0141546_21124510.jpg







土曜に珍しくクッキーなんて作りました。私はクッキーの型を集めるのが好き(というか、モノを集めるのが好きなのだ)で、雑貨屋さんとかに行ってかわいいものがあるとつい買ってしまうのだけど、ほとんど使ったことがないのですよ。
で、たまには使おうかなーと思ったのですが、コレが失敗。バターの分量が多かった(間違えた?)せいか、焼いているうちに広がって形がなくなり、わけのわからんものになってしまった。
なので途中であきらめて普通の丸い形に変更しました。こちらはうまくいったので写真を載せておこう(写真左)。全粒粉と黒砂糖を使ったクッキーで、ザクザクした食感がオイシイです。チョコをつけてみた。
写真中央はクッキー型コレクション。写真右は、「がちまい家のオーガニックな焼き菓子」というクッキーやパンのレシピ本で、金曜日にこの本を買ったので、無性に何か作りたくなったのだ。シンプルなレシピで、おいしそうで、とっても写真がかわいらしいのでつい買ってしまった。


b0141546_21145618.jpgThe Viewの新譜が出ましたねー!HMVでほぼ全曲視聴してしまった。すごくよいですねコレ!わくわくする!聴いたその日に買って帰りたかったのですが、さすがに今買ってしまうとコレばっかり聴いてしまいそうで、そんなことしたら14日のColdplayのライブの予習(っていうか気持ちを高める準備)ができなくなるなと思って、ぐぐっと涙をのんで我慢したのです。
そしたらこんなのが出るという情報を入手→「フィッチ・ビッチ?~超スペシャル・エディション(DVD付) [CD+DVD] [Limited Edition]
「最新ライヴ映像+The View 誕生~現在までを綴った長編ドキュメンタリー映像+ミュージック・クリップ全8 作品収録のDVDが付いた、The View の全てが解る超・超スペシャル盤!」だそうですよ。
そりゃあ断然こっちを買うよ!
しかもamazonなら、2239円ですってよー、安いですねえ。ちなみにHMVは2730円らしい。2月25日発売だそうです。楽しみだな。


b0141546_21433751.jpgそして今日はレイトショーでやってる「ワンダーラスト」(マドンナが監督してる映画)を観るつもりで出かけたのですが、家を早く出すぎて時間をつぶすのに飽きてしまい、観ずに帰ってきてしまった。なにせ映画が始まるのが20:50~なのに、15:00位に家を出てしまったのだ。ヒマだったからうろうろしてたんだけど、寒いし、そのうちなぜかえらく疲れてしまった。
あまりに時間があったから普段行かない中古レコード屋を4軒くらいはしごして、掘り出し物がないか延々探したりした。その割りにあんまりいいものを見つけられなかったわー
っていうか中古レコード屋さんのレコードの陳列って、、箱にびっしりと詰めたまま並べて売ってるからものすごい見にくいのよー…(疲れたのはそんなのばっかりずっと見てたからか?)
映画は火曜に観に行くことにしよう。

今週は2日間働いたら祝日だ!うれしいな。
[PR]
# by eel403 | 2009-02-08 21:55 | other

続・Razorlightに夢中

先週の今日はRazorlightだったんだなあ…
この1週間、ほぼRazorlightしか聴いていませんでした。聴けば聴くほどよく思えてきたわ。彼らの載ってる雑誌も全てチェックしてインタビューを読みあさったりもしてました。
そして昨日からはYoutubeで動画を検索しまくりはじめました。
そこで得た収穫。UK番組「Later...」より新しいアルバムの曲。スタジオでゲストが生演奏(ですよね?)をする番組だけど、この番組のDVD(これこれ)は持ってます。スタジオ演奏だから、バンドによっては演奏がちょっとイマイチだったり、ボーカルの声がイマイチだったりというのもあるんですが、この見つけた動画の彼らのパフォーマンスはすごく良いです!こっちのくりくり(っていうか"もしゃもしゃ"?)もいい声してますよー。


Wire To Wire


Burberry Blue Eyes→この曲好きだ

本当は、こないだ買ったBen Kwellerの新譜がすごくよかったから聴きたいし、10日後のColdplayのライブの予習もしたいし、フランツのアルバムも聴きたいのだけど、どうにも気持ちがRazorlightに向かってしまう。
[PR]
# by eel403 | 2009-02-02 23:33 | music

"MARRY ME JOHNNY!!"

b0141546_21255650.jpgb0141546_2114239.jpgb0141546_21141937.jpg

(写真はクリックで大きくなります)
なんだか自分でも意外なくらいrazorlightにはまってしまいました。特にジョニーに!ずっと聴いています。
そして今日も、自分の持っている彼らの曲をいろいろ聴いていたら、昔友達に焼いてもらったと思われる「In The Morning」のシングルが出てきた。そしてこのシングルに入っている曲がすごく良かったのです!入っている曲は、
1. In The Morning
2. Black Jeans→この曲すごい良い!なんで今まで知らなかったんだ?はじめ、ピートかと思ったよ。かわいいバラードだ。(開いたサイトの右上「再生」ボタンで聴けます)
3. Doctor, Doctor→これもいい!すてきなバラード
4. What’s It All About?→ドラムのアンディが歌ってる。アンディの声がすごく好きだ。ソロで出してるんですよね?
5. Get It & Go (Live From Brixton)

「Black Jeans」以外は視聴が見つけられませんでした。ゴメンなさい。

"MARRY ME JOHNNY!!"
b0141546_2130271.jpg
[PR]
# by eel403 | 2009-01-28 21:36 | music

Razorlight @ 心斎橋クアトロ 1/26

b0141546_22261943.jpgb0141546_22281381.jpg









レイザーライト行ってきました!
かっこよかった…
クアトロなんて狭くてもったいないわー(そりゃー近くで見れるのはよいけどさ)
以下に感想書きます!(長いですよ)。ちなみに上に貼り付けた写真はちょっと前のやつですのでスミマセン、最近の写真がよいのが見つからなかったのです。

今回はチケットの番号がなんと10番台で、もしかして最前とか行けるのでは?と思ってわくわくしながら開場に間に合うように行ったんです。それなのに、一般発売の番号より先に、スマッシュ会員の人たちが30人ほどもう並んでいました(泣)。あ、そういうしくみですか…
若干凹みつつ、ロッカーに荷物を入れ待機。結局前に行くのはあきらめて、ちょっとひいた一段上がったところで観ることに。なにせクアトロだから、ステージから離れても近いのだ。というか、会場が若干空いている(悲)
おまけに開始まで時間があったので、1drinkで付いてきた小さいビールなんてさっさと飲み干してしまい、おかわりまですることに。
待ってる間にかかっていた音楽がなかなか良かったです。昔の音楽で、ちょっとフォークや、カントリー?や、ブルースやらの雰囲気のある曲が多かった。

と、19時ぴったりにライトが落ちてメンバー登場!先にジョニー以外が出てきて、その後ジョニー待ち?と思ったら出てきた!うわー!本物だ!初めて生で見た!かっこいいー!仕立てのよさそうな白シャツにジャケット!かっこいいー(ミーハー)。ところで、ジョニー、ステージで上下白い服を着るのやめたんですね。あの白い服も見たかった気もするんだけど。

「Back To The Start」がらのスタートでした。(東京では「Golden Touch」が最初と聞いてたのでそのつもりで構えていたら違った)
2曲目は「In The Morning」!この曲好きだー!会場もすごい盛り上がってました。ちょっと下がって見ていたのでステージ全体が見渡せていい位置でした。アンディが髪を振り乱してドラムを叩くところがスゴかった。もっさもっさと髪が揺れていた…
しかしステージが狭いからなんかもったいないなー。もっと激しい動きをするジョニーが見たい!ジャケットはすぐに脱いでたよ。そして汗だく。両サイドのビヨルンとカールの2人(二人ともいい名前だなー)は黙々と演奏する感じ。

「Who needs Love?」もすごく好きな曲で、生で聴けてよかった。こないだのkooksでも思ったけど、ライブでも声がへたったりかすれたりしないってすごい。歌うことだけに集中できるわけではないのに。結構2ndの曲が多かったのかな?特に曲間にしゃべるわけでもなく、次々と曲が始まる感じ。ジョニーはステージに集中といった感じで、ニコリともせず、歌い続けていました。でも、淡々とした印象はなかったです。きっと熱く歌ってくれていたからなんだろう。

この日一番よかったのは「America」!もう素晴らしかったです!ああでもやっぱりもったいない!もっと広い会場に声を響かせて欲しい!と本気で思ってうずうずしてしまった。
私は新しいアルバムをしっかり聴きこめていなかったので、ちゃんと曲と曲名が一致するのが「Wire to Wire」ぐらいだったのですが、この曲、ジョニーのキーボードでの弾き語りでした。静まり返った会場に響く音と歌声がじんと心に染みました。これもよかったな。

「Rip It Up」で本編が終わって、やっぱりちょっと前に行かないと!と、さっきまでいた場所から前に移動!アンコールの最後「Somewhere Else」では皆で歌う場面もあって、みんなレイザーライト好きなんだ!(私ももちろん)と思ってうれしかったです。
最後の去り際に、「夏にまた会おう!」って言ってましたよ!フジに?サマソニに?どっち?!教えてー
演奏中は全然笑顔を見せなかったジョニーが、最後だけちょっと笑顔で観客とコミュニケーションをとっていて、その笑顔が素敵でした。

私にとって初めてのレイザーライトで、新しいアルバムは静か目な曲が多いので、どんな感じのステージなのか分からなかったけれど、思っていたよりもかなり「熱い」ライブで、ジョニーもかなり「熱」くて(というか、クールだけど熱いというか、なんていうか)、盛り上がるステージだったからかなりよかったです。(まあ、ちょっとジョニーのワンマンな感じも否めなかったけれど…。私は個人的にアンディも好きだ。)チケットあんまり売れてなかったのかな?ちょっと空き気味だったのが残念だったな。もうちょっと大きめのステージでも見たいのだけどな。客層が結構バラバラで、サマソニTシャツを着てるような子はほぼいなくて、ちょっとお洒落男子とその彼女、とか、スーツきた人もいたし、意外と男の子が多かったのも印象的でした。

ひとつだけ心残りがあるとすれば、「Vice」が聴きたかった(この曲好きなのです!)。一緒に「L・O・V・E~」とか歌いたかったなー(夏に期待!)

SETLIST

Back To The Start
In The Morning
Don't Go Back To Dalston
Tabloid Lover
Who needs Love?
Golden Touch
Before I Fall To Pieces
America
Hostage Of Love
60 Thompson
In The City
North London Trash
Stinger
Wire to Wire
Blood For Wild
Rip It Up

アンコール
Stumble & Fall
You and the Rest
Burberry Blue Eyes
Somewhere Else
[PR]
# by eel403 | 2009-01-28 00:25 | music

The Moon

b0141546_22284162.jpg今日は「The Moon」というドキュメンタリー映画を観ました。
内容 : 1969~72年、アポロ計画により、12人の宇宙飛行士が月に降り立った。そして2009年、人類が初めて月に第一歩を標してから40年。いまだに地球外に立った人間は、その12人。本作は、宇宙飛行士たちの生の証言と鮮やかに蘇った驚異のNASA蔵出しの映像。(シネリーブルの解説参照)
この映画は、月に行った12人の宇宙飛行士の話によって進んでいきます。今ではもうすっかりおじいちゃんになっている元宇宙飛行士の人たちがかわるがわる当時の話をするのですが、それが興味深いし、とてもよい話をするのですよ。(まるで昨日のことを話すように鮮明に覚えているのも、それだけすごい体験だったからなんだろう)
また、映像がとても素晴らしかったので、映画館のスクリーンで見て楽しめました(未公開の映像も沢山あったとか)。月面って、なにかのTV番組でちょっと映像見たり、写真を見たりしたことはあったけれど、この映画で初めてじっくり見ました。ほんとに静かな砂漠のようで、神秘的に見えます。
そして何よりも、初めて月に降りた「アポロ11号」への、世界中の人々の「どきどき」「わくわく」している様子がすごく感じられて、とても純粋なものを感じました。

最初、宇宙飛行士の人たちが淡々と話しを進めていくため、字幕を読み続けるのに目が離せなくってしんどいかな?と思ったけど、話が進んでいくうちにそれにも慣れました。
しかし映画の最後に流れた曲にはちょっと不満ありだなー…
最近、日本公開限定の主題歌ってありますよね?(日本の有名どころの歌手が歌う主題歌)あれって、ちょっと微妙だと思いませんか?その歌手が好きとかキライとかは別問題として、よっぽどじゃないとピッタリこないっていうかなんていうか。
[PR]
# by eel403 | 2009-01-25 23:22 | movie

最近観たものと聴いたものと

先週末に久しぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、まとめて観た。

b0141546_21462958.jpg「ファーストフードネイション」
アメリカのファーストフード業界に疑問を投げかけるというこの映画。私はてっきりドキュメンタリーだと思っていたんだけど、しっかりストーリーのある映画でした。あらすじは、アメリカで安く売られているハンバーガーに使われている肉加工工場内での不正や、従業員(主にメキシコからの不正労働者)のひどい扱いについて描かれています。
けど、この映画で、私が?と思ったのは、最後のシーン。いわゆる牛の屠殺シーンを生々しく映してこの映画は終わるのですが、確かにインパクトのある、目を背けたくなる映像だけど、牛を殺して食べるという事実は、不正を行っている工場でも、行っていないきちんとした工場でもあることで、その「衝撃的な映像」を最後に持ってきて、ものすごいインパクトを与えるのって、なんていうかフェアじゃないというか。それは「肉」を食べるということには欠かすことのできない事実なのに。最後になんだか腑に落ちない印象を与えられた感じでした。イーサンホークと、Avril Lavigne(なぜ?)が出ています。

b0141546_21492725.jpgグラストンベリー
グラストンベリーフェスの歴史をつづったドキュメンタリー映画。
この映画、確か去年のフジで、夜のところ天国で上映されてましたね。(観なかったけどー)
会場が水浸しになって、テントがプカプカ浮いているのを映像で見たらやっぱり笑ってしまったわ。
グラストンベリーねえー、いつかは行きたいと思っていた(すでに過去形)けど、すごいなあ。フジロックがえらく大人なフェスに思えます。
観るステージでの感動も大きいのかもしれないけど、今の私に、このおおらかさが受け入れられるだろうか?と疑問に思った。「自由」と「自分勝手」は違うよなあ、とも思ったりする。歳をとった証拠でしょうか?

b0141546_2224153.jpg「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
今さらだけど、ジュードロウってかっこいいなあ!(デーモンアルバーンに似てません?)
ストーリーは、大体予想通りだし、映像がちょっと凝りすぎて(スローモーションでの演出とか)めんどくさい…(ごめんなさい)と思うところもあったけど、ジュードロウがあまりにかっこよかったのでよいです。




b0141546_22123351.jpg「アイム・ノット・ゼア」
映画館でも観たこの映画。
数人がボブディランを演じていて、始めはちょっと分かりにくいのだけど、音楽も素晴らしくってよいです。
最近また改めてボブディランを聴いています。冬に聴くとすごく心に染みこむ気がします。




そして最近買ったCD
b0141546_22293685.jpgb0141546_2230417.jpgb0141546_22302866.jpgb0141546_22304682.jpgb0141546_2231688.jpg






Vice&Virtue / Keith
Tonight / Franz Ferdinand・・・今までで一番好きかも!
Slipway Fires / Razorlight・・・デラックスDVD付き買いました。来週月曜ライブに行くよ!
Alone II: The Home Recordings of Rivers Cuomo / Rivers Cuomo・・・視聴したら、ビーチボーイズの「Don't Worry Baby」のカバーがすごくよかったので。
The Reminder / Feist・・・ちょっと前のiPod nano?のCM曲「1234」が入っている。

もう明日は金曜日?!
今週は忙しかったせいか、早いなあ。
[PR]
# by eel403 | 2009-01-22 22:42 | movie