Sigur Rós@大阪厚生年金会館 10/24(Fri.)


Svefn-g-englar/Sigur Rós

初Sigur Rós行ってきました!素晴らしくよかったです。
久しぶりの座席指定のライブだし、初めてのSigur Rósだし、どんな感じだろう?と思っていたのですが、じっくり聴き入ることができて、心に染み込んでいくようでした。

昔のライブ映像を見ると、結構大人数でやっているのを見かけますが、今回はメンバー4人と機材だけのシンプルなもので、よりまっすぐに音楽が伝わってきた印象です。
オープニングで演奏されたのがこの上に貼り付けた曲「Svefn-g-englar」。私が彼らの曲の中で一番好きと言ってもいい曲なので、はじめっから感動(ちょっと喉の調子が悪そうな感じがしたのですが)。
静まり返ったホールに響く歌声は、すうっと身体に染み込み、しばしいろんなことを忘れさせてくれました。
音楽ってすごいなというか、言葉が理解できなくても美しいと感じるものは同じなんだなあというか、そんな気持ちでいっぱいの時間でした。

途中で紙吹雪を雪のように降らせる演出があったのですが、その降らせ方がちょっと雑で・・・
ドラムス側にどっさりまとめて降り積もっていて、ちょっと笑えたのはご愛嬌?あまりの降り積もりっぷりに、みんな「ふうー」って口で吹き飛ばしてるのがかわいかったです。

ライブは1時間半と、私としてはもっと聴いていたかった!というのが正直なところ(Sigur Rósのステージって大抵それくらいの長さなんでしょか?)ですが、終わった後に、なんかちょっと身体が軽くなったような?重い気持ちが少し軽くなったような、そんな気がしました。

新しいアルバムの明るい曲も演奏されていて、手拍子で盛り上がっていましたよ。
もう一度是非観たい!と思わせるライブ(単独もいいけど、フジで観るのも素晴らしいんだろうなー)でした。
[PR]
by eel403 | 2008-10-26 01:07 | music


<< 最近のいろいろ 「Into The Wild」 >>